「homealがあることで、毎日の食卓ってどう変わるんだろう?」「homealって、みんなどんなふうに使っているの?」と気になっている方も多いかもしれません。 「homealのある暮らし」では、どんなシーンで使っているのか、homealのあるリアルな暮らしをお届けします。 今回は「大船渡産さんまのやわらか煮」を、ある日の食卓の風景とともにご紹介します。 [https://homeal.co.jp/products/ofunato-saury-simmered-in-a-soft-sauce] 子どもから高齢の方まで安心して食べられる 日々の献立を考えるとき、できれば肉や魚をバランスよく取り入れたいと思いつつ、どうしても出番が少なくなっている魚料理。 その原因は何だろう?と考えたとき、小さな子どものいるわが家では「骨取り」が一番のネックだなと感じています。その次に、調理の過程で魚のにおいがなかなか取れないことなどもあげられます。  そんな悩みを一挙に解決してくれたのがhomealの「大船渡産さんまのやわらか煮」でした。 「大船渡産さんまのやわらか煮」の特徴はなんといっても骨まで食べられるやわらかさ。子どもから高齢の方まで幅広い年代の人が安心して食べられます。 現代日本人の食生活で不足しがちな栄養素の代表ともいわれ、子どもの成長期にも歳をとっても必要なカルシウム。魚を骨まで食べることで、効率よくカルシウムを摂ることができます。骨や歯を丈夫に整えてくれるほか、骨粗しょう症の予防にも役立ちます。 湯煎するだけで食べられるので、片付けの手間も省けるのもうれしいポイントですね。 栄養たっぷりで、ごはんがどんどん進む味つけ 全国屈指のさんまの水揚げ量を誇る大船渡。大船渡産の脂ののった良質なさんまを使用しています。  さんまには、脳の神経発達に必要なDHA、そして血液をサラサラにし、血管の健康維持に大切なEPAが豊富に含まれています。それに加えて、皮膚や髪を健康に保つビタミンB群も豊富で、成長期の子どもから中高年の方まで積極的に摂りたい魚です。 「さんまは秋」」というイメージがありますが、さんまの水揚げ量は年々減少。旬の時期になっても価格が高騰していることも少なくなく「さんまを食べる機会が減ってしまった……」という家庭も多いかもしれません。 そんなときにも、季節問わず冷凍庫に常備しておける「大船渡産さんまのやわらか煮」は、食卓のおかずのバリエーションに一役買ってくれそうです。 「大船渡産さんまのやわらか煮」は、さんま、醤油、砂糖、酒、酢とシンプルな材料で作られていることも特徴の一つ。シンプルな材料でありながらうまみがぎゅっと凝縮されたコクのあるたれは、さんまとの相性も抜群。ご飯がどんどん進みます。 酒の肴にも洋風のアレンジ料理にもおすすめ 「大船渡産さんまのやわらか煮」は魚の芯までしっかり染み込んだ甘辛い味付けなので、ご飯のおかずとしてはもちろん、お酒のつまみとしても最適です。 「さんま」といえば焼き魚、和食のイメージがありますが、実は洋食にもぴったり。在宅ワークのこの日は、夫婦2人のランチに作ったパスタの具材としてやわらか煮を入れてみました。 オリーブオイルでニンニクをじっくり炒めた後、冷蔵庫にあった玉ねぎやきのこをさっと炒めて、「大船渡産さんまのやわらか煮」をたれごと投入。ゆで上がったパスタの塩気と甘辛いたれが相まって絶妙なおいしさです。 パスタ以外にも、サラダやおにぎりにアレンジしてもおいしく食べられますよ。ぜひ試してみてくださいね。 [https://homeal.co.jp/products/ofunato-saury-simmered-in-a-soft-sauce]
続きを読む
「homealがあることで、毎日の食卓ってどう変わるんだろう?」「homealって、みんなどんなふうに使っているの?」と気になっている方も多いかもしれません。 「homealのある暮らし」では、どんなシーンで使っているのか、homealのあるリアルな暮らしをお届けします。 今回は「鹿児島県産黒豚入り 無添加ポテトコロッケ」を、ある日の食卓の風景とともにご紹介します。 [https://homeal.co.jp/products/additive-free-potato-croquettes-with-kagoshima-kurobuta-pork] 素材のおいしさを最大限に生かしたコロッケ 日本の家庭料理の定番でもあり、年齢を問わず大人から子どもまで親しみのあるコロッケ。  素朴なコロッケを無性に食べたくなる日があります。しかし、大人になって自分で料理をするようになってから分かったのですが、その調理工程はなかなかな複雑……。 じゃがいもを蒸して潰して、ひき肉と玉ねぎと混ぜて成形する。衣を付けて揚げる……と、とにかく工程が多く、家で作るには躊躇してしまう、手強いメニューの一つでもあります。 そこで、外食に行くほどではないけれど家で手軽にコロッケを食べたいと思い、homealの「鹿児島県産黒豚入り 無添加ポテトコロッケ」を手に取りました。 「鹿児島県産黒豚入り 無添加ポテトコロッケ」は鹿児島県産の黒豚を使用。黒豚は、筋繊維が細く、やわらかくジューシーな肉質が特徴です。また、うまみ成分を多く含むため、鹿児島県を代表するおいしい豚肉として全国的にも知られています。  コロッケのメイン素材は、なんといってもじゃがいも。特別栽培または有機栽培・自然栽培のじゃがいもと、淡路産または北海道産の玉ねぎを使用しています。 塩は奥能登のきれいな海水を低温で4昼夜かけ結晶化させている、ほのかな甘みとまろやかさが特徴の『奥能登海水塩』。砂糖は、喜界島産100%のサトウキビを使用し、天然のミネラルを多く含んだ『喜界島粗糖』を使用しています。 肉、野菜、調味料と細部にまでこだわりが詰まったコロッケ。口に含んだ瞬間にふわっと鼻に抜ける香りで、素材のおいしさを楽しめる一品です。 おうちで揚げないから簡単で便利 コロッケを食べたいけど、自宅で揚げものをするのはなかなか大変……。そんなときにも、家庭で食べる際は、オーブントースターまたは電子レンジで調理するのみ。 オーブントースターの場合、アルミホイルを敷き冷凍のままのコロッケを並べ、10〜11分ほど加熱し、余熱で5分ほど置きます。 温めるだけで手軽に、お弁当にもピッタリ。衣は揚げたてのようにサクサクで、ソースなしでも素材本来の味でおいしく食べらるコロッケです。 冷めてもおいしいからサンドイッチにもぴったり 休日のお昼どき、「食事作りもお休みが欲しい……」 そんなふうに思ったときには、冷凍庫を開けてコロッケが入っていれば小さくガッツポーズ。「コロッケバーガー」の登場です。  オーブントースターでコロッケを焼いている間に、買っておいたロールパン、常備しているフリルレタスなどサラダ用の野菜を数種類手でちぎって下ごしらえしておきます。コロッケが温まったら野菜と一緒にパンに挟んでコロッケバーガーのできあがり。  焼きたてはもちろん、冷めてもしっかりと黒豚のうまみを感じられるコロッケ。中にはホクホクしたじゃがいもがみっちり詰まっていて食べ応えがあります。 立春を過ぎ、だんだんと暖かさを感じられる日も多くなる季節になりました。 休日のお昼どきにはパパッと作ったコロッケバーガーを保存容器に詰めて、気軽に外でピクニックランチ、なんてのもいいかもしれませんね。 [https://homeal.co.jp/products/additive-free-potato-croquettes-with-kagoshima-kurobuta-pork]
続きを読む
「homealがあることで、毎日の食卓ってどう変わるんだろう?」「homealって、みんなどんなふうに使っているの?」と気になっている方も多いかもしれません。 「homealのある暮らし」では、どんなシーンで使っているのか、homealのあるリアルな暮らしをお届けします。 今回は「ほぐし豚の玄米入りウェルネスべんとう」を、ある日の食卓の風景とともにご紹介します。 [https://homeal.co.jp/products/wellness-bento-with-brown-rice-and-minced-pork] ほぐし豚とそぼろでボリュームたっぷり 「料理は毎日のことだからときには手を抜きたい。でも、罪悪感なく食べられるもので、健康とおいしさの両方を諦めたくない」。 そんな欲張りな願いを叶えよう思うと、量が少なかったり極端に薄味だったり……と、どこかで妥協点が出てしまうなと思うこともしばしば。 そんなときに出合ったのがhomealの「ほぐし豚の玄米入りウェルネスべんとう」でした。 国産米と栄養豊富な玄米をブレンドしたご飯がたっぷり入っています。敷き詰められたご飯の上には、ほぐし豚とそぼろがたっぷり乗っていてボリューム満点。コンパクトな見た目のわりに、これ一食あれば男性でも十分に満足感を得られます。  日本人の口に合うしょうゆとみりんをベースに、じっくりと調理されたほぐし豚とそぼろ。やわらかく噛むほどにうまみが口の中に広がり、どちらのおかずもごはんが進みます。 サイドメニューにはポテトサラダ、ほうれん草とブロッコリーのナムル、にんじんのごま和えが入っていて、3種類の野菜の彩りで見た目も華やか。主食・主菜・副菜が摂れるので、栄養バランスのいいお弁当です。 成長期の子どもからスポーツを楽しむ大人まで 「ほぐし豚の玄米入りウェルネスべんとう」は、活動的な毎日を送る、成長期の子どもたちやスポーツを楽しむ大人にもおすすめです。 アクティブな毎日を送る子どもたちやスポーツをする人にとっても、筋肉の成長や修復に必要な良質なたんぱく質と、エネルギー源となる炭水化物をしっかりと摂ることができるんです。  玄米にはもともと「身体にいいのは知っているけれど、クセがあって食べにくい」というイメージがありました。しかし「ほぐし豚の玄米入りウェルネスべんとう」では、食べやすい白米と栄養価の高い玄米をブレンドし、おいしさと栄養の両方を実現しています。 玄米は白米に比べて、食生活で不足しがちな食物繊維、炭水化物をエネルギーに変えるサポートをするビタミンB群、そしてミネラルが豊富に含まれています。 さらに、玄米が入ることでプチプチとした食感で、白米だけ食べたときよりもよく噛むため、満足感も得られやすいと感じました。 スリムな箱なので冷凍庫の中にすっぽり 冷凍のお弁当箱というと、平らで面積が大きく、冷凍庫の中でも場所をとるイメージがありました。しかし、「ほぐし豚の玄米入りウェルネスべんとう」はコンパクトなサイズの細長い容器に入っているため、何食かまとめて保存しておくのも便利です。  冷凍庫に常備してあれば、凍ったまま電子レンジに入れ、500Wで約5分30秒または600Wで約5分ほど加熱すれば、食べたいときにすぐに食べられます。 電子レンジで温めている最中からほぐし豚のいい香りが漂ってきて、食欲をそそります。  近づく長期休み。「休み中の子どもに火を使わせたくないけど電子レンジ調理なら……」という方も多いのではないでしょうか。 そんなときにも「ほぐし豚の玄米入りウェルネスべんとう」は大活躍してくれるはず。野菜がたっぷりでご飯の進むおかずが入っているで、塾や学童でのお弁当にもおすすめですよ。ぜひ一度、お試しくださいね。 [https://homeal.co.jp/products/wellness-bento-with-brown-rice-and-minced-pork]
続きを読む
「homealがあることで、毎日の食卓ってどう変わるんだろう?」「homealって、みんなどんなふうに使っているの?」と気になっている方も多いかもしれません。 「homealのある暮らし」では、どんなシーンで使っているのか、homealのあるリアルな暮らしをお届けします。 今回は「デミグラスハンバーグ」を、ある日の食卓の風景とともにご紹介します。   温めるだけで手軽に、お店のような味わいを楽しめる ファミリーレストランのメニューに必ずといっていいほど入っているハンバーグ。晩ごはんに登場するとうれしくなる、大人も子どもも大好きな「ごちそう」メニューのひとつです。 しかし、ハンバーグを作るには、玉ねぎをみじん切りにして合いびき肉とともにこねたり、成形したのちじっくり焼いたりと、少々手間がかかることが難点です。仕事や家事などで1日が目まぐるしく過ぎていき、晩ごはんの準備をする頃にはもうヘトヘト。食事づくりにそこまで手間をかけていられない……。 そんなときに、homealの「デミグラスハンバーグ」があれば、手軽に、お店のような味わいを家庭で楽しめます。 素材には厳選された国産の牛肉と豚肉に、国産玉ねぎを使用しています。また、ハンバーグは高温で表面を焼いてから温度を落とし、表面はカリッと中はジューシーに焼き上げました。焼成済みなので、湯煎またはレンジで温めるだけで食べることができます。 デミグラスソースは香味野菜をじっくり煮込んで仕上げた本格的な味わい。お肉本来のうま味たっぷりのハンバーグに、深いコクを感じられるデミグラスソースが絡み合ったおいしさで、ご飯にもパンにも合う一品です。   ハンバーグは180gとボリューミー!多彩なアレンジメニューが楽しめる   「デミグラスハンバーグ」は1つあたり180gとボリューム満点。噛むとじわっと肉汁が溢れて、お肉のうま味たっぷりのハンバーグをたっぷりと堪能できます。 ハンバーグ丼やロコモコ丼、またハンバーガーなど、多彩なメニューにアレンジすることができ、それぞれの料理でしっかりとおなかを満たすことができます。野菜を切る、添えるなど、簡単なアレンジでいろいろなメニューが楽しめる点も魅力的です。   平日のイベントごとにも心強い助っ人 まもなくやってくるハロウィン。 年々盛り上がりを見せる世の中の様子を横目に、わが家も毎年「今年のおうちハロウィンはどんなメニューにしよう……」と頭を悩ませています。 とくに、季節の行事やイベントが平日にあると、学校や仕事から帰ってきてから準備することになりますよね。 そんなときにも「デミグラスハンバーグ」が活躍! ハンバーグの上にクッキー型でくり抜いたスライスチーズをのせて、お皿には軽く塩を振ってソテーしたかぼちゃとサラダ、ご飯を一緒に盛り付けてワンプレートにしました。ハンバーグで「ごちそう感」、添えものやあしらいなどでちょこっとアレンジすることで「季節感」をプラス。手軽に行事食ができ上がります。 食事は身体を作るだけでなく、心にも栄養を与えてくれるもの。どんなに疲れていた日でも、家族とおいしいごはんを食べれば「明日も頑張ろう」と思えます。 忙しい平日は、調理にあまり時間をかけられず、簡単なメニューになりがちです。しかし、そんな平日だからこそ、一日の疲れを癒してくれて、次の日の活力になるような食事がしたいところですね。   [https://homeal.co.jp/products/demi-glace-hamburger-steak-large]
続きを読む
homealの専門家に幼児食や子育てに関するお悩みや質問を聞いてみよう   homealの品質やメニュー開発は、管理栄養士、保育士、品質管理士といった幼児食や育児に関するプロフェッショナルな人たちにより支えられています。 この「おしえて🥕homeal」では、みなさんからいただいた幼児食や育児についての質問やお悩みに、専門家の目線からお答えしています。 子育ては、ほんとうに正解がなく、同じ年齢でも子どもによってさまざま。小さなお子さんを育てるパパやママのちょっとした安心の場になればうれしいです。 今回は「食材別の調理のポイント」についてのご相談です。   homeal管理栄養士、北島です。 お子さんがなかなか食べてくれず、とても不安だったと思います。同じように、お子さんが食べてくれないと悩むママ・パパが多いのも現状です。 幼児には初めて口にする食べ物、食べ慣れていない食べ物がたくさんあります。その食べ物が嫌いなのでなく、食べ慣れていないためにすぐには受け入れられないでいる状態なのです。 苦手な食材でも調理法を工夫することで少しずつ食べ慣れることもあります。肉、魚、卵、野菜の調理のポイントを説明しますね。 肉 肉は部位によって味や固さが違います。食べやすい部位から料理に使っていきましょう。 ひき肉 幼児が食べやすく、料理にも使いやすいです。ひき肉にパン粉などのつなぎを多めに加えて作ったひき肉生地が食べやすいとされています。 ハンバーグや肉団子を作って煮込み料理にしたり、揚げたり、うずらの卵のスコッチエッグやメンチカツもおすすめです。幼児は揚げものを好む傾向があり、パン粉をつけたものはよく食べてくれますよ。 ひき肉を炒め物に使うときは、ひき肉に下味をつけて片栗粉をまぶしておくと、食べやすくなります。 牛・豚の薄切り肉 奥歯が生えそろっていない幼児には、かたくて噛みにくい食材になります。炒め物にするときには、細切りや1cm角に切ってから酒・みりん・醤油などで下味をつけ、片栗粉をまぶすとやわらかく仕上がります。  レバー 鶏レバーはクセが少なく、火を通してもやわらかいので、幼児食に向いています。十分に水洗いをして血抜きをし、臭みをとることが大切です。 その後、酒、みりん、醤油を合わせたものや中濃ソースなどにつけて、ソテーや唐揚げにすると香味が加わって食べやすくなります。 鶏肉 鶏肉は牛肉や豚肉に比べてやわらかく、繊維を断つように薄く切ると、大きめの切り身でも食べやすいでしょう。 1〜2歳はささみが食べやすいです。パサつきがちなささみですが、フライにすると適度に油を吸って食べやすくなります。   魚 魚類にはうま味があり、肉類に比べて身がやわらかくほぐれやすいので幼児には食べやすい食材です。奥歯が生えそろうまでは、身がやわらかい魚を選ぶと良いでしょう。 川魚や白身魚のような、生臭さの少ない魚をうす味で仕上げるのもおすすめです。身が固い魚は細かくほぐし、生臭さの強い魚は濃い目の味に仕上げるなどの工夫をすると、食べられる魚の種類は多くなります。 バターについて、有塩バター10gで塩分は0.1gほどです。それほど気になる塩分ではありませんが、気になるようでしたら無塩バターを取り入れるのもいいのではないかと思います。     たまご たまご料理のうち、「たまご焼き」「オムレツ」「スクランブルエッグ」などはやわらかいので、幼児にも食べやすいです。ただ、幼児は抵抗力が弱いので食中毒予防のためにも、たまごは完全に火を通すようにしましょう。 たまご焼きやオムレツは、だしや牛乳を加えると中まで火を通してもやわらかく仕上がり、幼児にも食べやすくなります。 たまごの中に入れる具は、でき上がりの固さがたまごと同じになるように、あらかじめ茹でるなどして火を通してから加えると良いでしょう。 また、たまごや牛乳はおやつにも使えるので、いろいろな味を経験できるといいですね。   野菜 野菜は、幼児が受け入れやすいものと、受け入れにくく食べたがらないものがあります。なぜ食べたがらないかというと、それらの野菜は幼児が好きになれない、おいしいと思えない風味を持っているからです。...
続きを読む
homealの専門家に幼児食や子育てに関するお悩みや質問を聞いてみよう   homealの品質やメニュー開発は、管理栄養士、保育士、品質管理士といった幼児食や育児に関するプロフェッショナルな人たちにより支えられています。 この「おしえて🥕homeal」では、みなさんからいただいた幼児食や育児についての質問やお悩みに、専門家の目線からお答えしています。 子育ては、ほんとうに正解がなく、同じ年齢でも子どもによってさまざま。小さなお子さんを育てるパパやママのちょっとした安心の場になればうれしいです。 今回は「たんぱく質の多い食材が苦手」についてのご相談です。     homeal管理栄養士、稲尾です。 まず、保育園で給食を食べているということは、お子さんなりにとても頑張っているのでしょう。もしかしたら、あまり好きではないおかずや食べたくないものがあっても、頑張って食べているのかもしれません。 保育園で頑張った分、家に帰ったらパパ・ママに甘えて、いろいろな要求をするのかもしれませんね。 もう十分に言葉で伝えているかもしれませんが、お迎えから帰宅までの間に「保育園がんばったね」「大好きだよ」と伝えてみてください。 保育園からの帰宅時間が夕方以降ですと、もしかしたらお子さんは限界まで空腹になっていて、イヤイヤがひどくなっているのかもしれません。 おなかが空いていると、「とにかく何か食べたい!」と、お菓子やジュースを欲しがる場合もあります。 そんなときに、「少しだけだよ」と食べさせたり飲ませたりしても「少しだけ」ではとても落ち着きませんよね。かといって、帰宅後すぐに夕食、というのもなかなか難しいものです。 おやつやジュースを欲しがったとき、ピザやパンのほかに、小さなおにぎりはいかがでしょうか? もし食べるようなら、帰宅してすぐは好きなふりかけやのりなどを使ったおにぎりで少し空腹を満たすといいかもしれません。ぜひ試してみてください。 保育園の給食とおやつでは、1日に必要な栄養を45〜55%ほどとれるように献立を考えていることが多いです。給食はしっかり食べられているようなので安心ですが、その残りの栄養は家庭で摂ることになります。 今は心配ごとが尽きないかもしれませんが、成長とともに食べられるものが増えることも多いので、気長に見守ってあげてくださいね。 毎日の子育て、疑問に感じること、こんな方法でいいのかな?と悩むことってありますよね。そんなときはぜひお気軽にhomealへご相談ください。   LINE無料相談はこちら アプリ限定情報や最新キャンペーン情報をいち早く通知でお届けします!📲 アプリDLはこちらから
続きを読む
homealの専門家に幼児食や子育てに関するお悩みや質問を聞いてみよう   homealの品質やメニュー開発は、管理栄養士、保育士、品質管理士といった幼児食や育児に関するプロフェッショナルな人たちにより支えられています。 この「おしえて🥕homeal」では、みなさんからいただいた幼児食や育児についての質問やお悩みに、専門家の目線からお答えしています。 子育ては、ほんとうに正解がなく、同じ年齢でも子どもによってさまざま。小さなお子さんを育てるパパやママのちょっとした安心の場になればうれしいです。 今回は「朝ごはんがマンネリ化する」についてのご相談です。     homeal管理栄養士、有本です。 慌ただしい朝に、ごはんの準備は頭を悩ませますね。 野菜を食べない時があるとのことでしたが、ロールパンで作るホットドッグなどはどうでしょうか? 千切りキャベツやレタスのほか、ウインナーやサラダチキンなどを一緒にパンに挟むと、見た目にも変化が出ます。キャベツやウインナーは、電子レンジなどで少し加熱するとよりおいしく食べられますよ。 卵やツナなどアレンジも簡単です。 また、きな粉牛乳もおすすめのメニューの一つです。 寒い日には、牛乳を軽く温めてから、きな粉を入れてみてください。きな粉の自然な甘さで飲みやすく、タンパク質だけでなく食物繊維も摂ることができます。ただし、1日に何度も飲むことは控えてくださいね。 毎日の子育て、疑問に感じること、こんな方法でいいのかな?と悩むことってありますよね。そんなときはぜひお気軽にhomealへご相談ください。   LINE無料相談はこちら アプリ限定情報や最新キャンペーン情報をいち早く通知でお届けします!📲 アプリDLはこちらから
続きを読む
homealの専門家に幼児食や子育てに関するお悩みや質問を聞いてみよう   homealの品質やメニュー開発は、管理栄養士、保育士、品質管理士といった幼児食や育児に関するプロフェッショナルな人たちにより支えられています。 この「おしえて🥕homeal」では、みなさんからいただいた幼児食や育児についての質問やお悩みに、専門家の目線からお答えしています。 子育ては、ほんとうに正解がなく、同じ年齢でも子どもによってさまざま。小さなお子さんを育てるパパやママのちょっとした安心の場になればうれしいです。 今回は「たんぱく質の多い食材が苦手」についてのご相談です。     homeal管理栄養士、北島です。 お肉を飲み込むことが難しくずっと噛んでいるということなので、食材のかたさがお子さんの口の発達に合っていない可能性があるかもしれませんね。 1歳6ヵ月は離乳食完了期=幼児食移行期で、まだ奥歯が生えそろっていないので前歯で噛み切れて、歯茎でつぶせる程度のかたさが目安になります。食材のかたさや大きさをお子さんの噛む力などの発達に合わせて、調節が必要になります。 幼児が食べやすいお肉としておすすめなのはひき肉です。 パン粉や片栗粉、卵、炒めた玉ねぎ(または、すりおろした玉ねぎ)、水を加えた肉団子は、やわらかくて食べやすいです。 またひき肉だけの料理のときは、煮込み料理にすると、口当たりがやわらかくなって食べやすいです。 一方で、ひき肉を炒めものに使うとポロポロしてしまい、ほかの材料とかたさが違ってしまうことから食べにくくなってしまいます。 ひき肉に下味をつけて片栗粉でまぶしておくと、しっとりと仕上がり食べやすくなります。 鶏肉は、繊維が短くなるように切ります。薄く切るか、そぎ切りにし、厚さは子どもの噛む力に合わせましょう。切ったあとに酒やみりんなどの調味料をまぶしておくと、やわらかく仕上がります。  薄切りの豚バラ肉は脂身が多く、噛み切りやすいです。薄切り肉は2cm程の細切りにします。 魚はうま味があり、お肉に比べて身がやわらかく、ほぐれやすいので幼児には食べやすい食材です。奥歯が生えそろうまでは、身がやわらかい魚を選ぶと食べやすいでしょう。パサパサ感が気になるときは、煮汁にとろみをつけると食べやすくなります。 卵焼きやオムレツは、だしや牛乳を加えると、中まで火を通してもやわらかく仕上がり、食べやすくなります。 中に入れる具は、でき上がりのかたさが卵と同じになるように、火を通してから卵に加えましょう。豆腐が好きでしたら、卵豆腐や茶碗蒸しもいいかもしれません。  大切なのは、いろいろな食材を食べて多様な食感を経験することです。 食材の舌ざわり、歯ごたえ、味など、いろいろな食の経験を積み重ねるうちに、おいしいと感じる料理が増えていきますよ。 少し時間がかかるかもしれませんが、頑張り過ぎず、お子さんを見守りながら、ゆっくりと進めてくださいね。 毎日の子育て、疑問に感じること、こんな方法でいいのかな?と悩むことってありますよね。そんなときはぜひお気軽にhomealへご相談ください。   LINE無料相談はこちら アプリ限定情報や最新キャンペーン情報をいち早く通知でお届けします!📲 アプリDLはこちらから
続きを読む
homealの専門家に幼児食や子育てに関するお悩みや質問を聞いてみよう   homealの品質やメニュー開発は、管理栄養士、保育士、品質管理士といった幼児食や育児に関するプロフェッショナルな人たちにより支えられています。 この「おしえて🥕homeal」では、みなさんからいただいた幼児食や育児についての質問やお悩みに、専門家の目線からお答えしています。 子育ては、ほんとうに正解がなく、同じ年齢でも子どもによってさまざま。小さなお子さんを育てるパパやママのちょっとした安心の場になればうれしいです。 今回は「固いものを食べたがらない」についてのご相談です。     homeal管理栄養士、北島です。 1歳3ヵ月でしたら離乳食完了期ですね。この時期は、前歯で噛み切れて歯茎でつぶせる程度の固さが目安です。 固いものをあまり食べたがらないのでしたら、食材のかたさがお子さんのお口の発達に合っていない可能性があるかもしれません。食材のかたさや大きさを、お子さんの発達に合わせて調節することが必要になります。 「噛む力を育てる」というと、固いものを食べるというイメージがありますが、大切なのはいろいろな食材を食べて、多様な食感を経験することです。 お子さんの様子を見ながら、食べやすいやわらかさ・大きさを見つけて、少しずつ調節してみてください。 また、保育園とご家庭で食べ方や食材の固さに差があると、お子さんも混乱してしまいます。可能でしたら、どれくらいの大きさ、固さのものを保育園で食べているのか、実物を見せてもらってください。参考になると思いますよ。 1歳頃になると上下前歯8本が生え、前歯を使ってやわらかめの固形物を噛み切り、一口の量を調整して口に入れることを覚えはじめます。 そのときにする「手づかみ食べ」は、食べ物を目で確かめて、手指でつかんで口まで運び、口に入れるという目と手と口の協同連動となっていて、摂食機能の発達のうえで重要な役割を担っています。 目で食べ物の位置や大きさ、形などを確かめて、手でつかむことで食べ物の固さや温度などを確かめています。こうした感覚の体験を積み重ねながら、口の感覚と合わせていくんですね。 一口分の量がまだわからないので、棒状だと長いまま口に入れてしまい、丸飲みの原因になることもあります。お子さんの口に合った、一口の量を微調整しながら見つけてみましょう。 少し時間がかかるかもしれませんが、食べないからといって手づかみ食べをさせないのではなく、何度も経験を積み重ねることが大切です。お子さんを見守りながら、ゆっくりと進めてみてくださいね。 毎日の子育て、疑問に感じること、こんな方法でいいのかな?と悩むことってありますよね。そんなときはぜひお気軽にhomealへご相談ください。   LINE無料相談はこちら アプリ限定情報や最新キャンペーン情報をいち早く通知でお届けします!📲 アプリDLはこちらから
続きを読む
今回のテーマは、「オーガニック野菜とふつうの野菜について」です。 こんにちは!「冷凍生活アドバイザー」「野菜ソムリエプロ」のみつはしさなこです。 「オーガニック野菜」と「ふつうの野菜」、どちらを買おうかと迷ったことはありませんか。特に小さなお子さんがいる方であれば、子どもにはよりカラダにいいものを選びたい、安心できる食材を選びたいと思う方も少なくないでしょう。 オーガニック野菜とふつうの野菜には、いずれも良い点があります。それぞれの良さを知ることで上手に野菜選びができるようになり、健康なカラダづくりにもつながります。ぜひ参考にしてくださいね!   オーガニック野菜とは 日本におけるオーガニック野菜とは、正確には「有機JASマーク」のついた野菜のことを示します。 有機野菜とは、化学農薬や化学肥料を使わずに栽培するなど、国で定められたいくつかの条件を満たして認定を受けたものです。 有機JASマークがついていない農産物には、法律により「有機野菜」や「オーガニック野菜」といった表示をつけて販売することはできません。 ただ、認定を受けていなくてもなるべく農薬や化学肥料に頼らずに栽培された野菜も多く作られています。また、ベランダ菜園や家庭菜園など家庭で消費する分をオーガニックな方法で育てている方もいますよね。。 このコラムでは、「有機JASマークがなくても、化学農薬や化学肥料を使わず栽培した野菜、自然由来の肥料を使った野菜」もオーガニックな野菜のひとつとしてお話します。   オーガニックな野菜の良いところ オーガニックな野菜には、大きく3つの良い点があります。 ・化学物質を体内に取り込む可能性が少なく安心できる ・自然に近い栽培方法なので環境への負担が少ない ・抗酸化物質(フィトケミカル)が豊富 化学農薬や化学肥料を使わずに育てた野菜は、自然に近い安心感があります。 オーガニック野菜を作る際の工夫として、例えば害虫を防ぎたいときは害虫の天敵となる昆虫や微生物を取り入れたり、植物などの自然素材を活用したりします。 また、生育を良くしたいときには化学肥料ではなく、油かすや家畜の糞など動植物に由来する有機肥料を使います。 このようにできるだけ自然に近い方法で栽培するため、土壌環境への負担が少ないとされています。 また海外の調査では、化学農薬や化学肥料に頼らずに育てられた野菜は、雑草や病害虫の影響に対抗するため、結果的にビタミンCやビタミンEなどの抗酸化物質(フィトケミカル)が高くなるとの報告もあります。*参考資料:https://lib.ruralnet.or.jp/nisio/?p=3557 まめ知識:ベランダや家庭菜園の注意点 ベランダやご家庭の庭でする菜園は、オーガニックに近い野菜といえます。ただ、農薬などを使わずに育てられる反面でこまめな虫除けや病害虫対策が必要になります。 また、立地によってはホコリや排気ガスが気になる場合もあるかもしれません。 そういったときには、鉢植えにあったサイズの防虫ネットを被せておくと虫や塵対策になるのでおすすめです。 コラムの後半で、収穫した野菜の汚れをしっかり落とす方法も紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。   ふつうの野菜とは? スーパーや八百屋さんで並んでいる野菜は、ほとんどがオーガニックではない「ふつうの野菜」です。 ふつうの野菜も作り手と買い手の健康が守られるよう「肥料取締法」「農薬取締法」「食品衛生法(残留農薬基準を設定」にて、厳しく定められています。 決して安全性に問題があるわけではありませんので、安心してくださいね。   ふつうの野菜のメリット ふつうの野菜には、次のメリットがあります。 ・食べたいと思ったときに、手に入りやすい・オーガニックな野菜より安価 ふつうの野菜は、スーパーや八百屋に広く流通しているので、オーガニックな野菜と比べて手に入りやすいです。価格も手ごろなので、作りたい料理にあわせて、その都度ほしい野菜が買えます。日々の食事に取り入れやすいことは、健康なカラダづくりにもつながりますよね。   それでも農薬が少し気になるときは……?  法律によって定められた一定の基準を満たしてはいますが、それでも農薬などが気になる方は、皮を厚めにむいて表面についた汚れや付着成分を取り除くといいでしょう。...
続きを読む