今回のテーマは、「幼児の手づかみ食べと、スプーンの使い方」です。 こんにちは!「管理栄養士」「現役の保育園栄養士」の椛嶋貴子です。 離乳食が完了する1歳半ごろの子どもは、まだまだ「手づかみ食べ」が多い時期。「スプーンを使ってほしい」というパパ・ママの気持ちもありますが、手づかみをすることによって、自分自身で食べる力を育てています。 具体的にどんな機能を獲得しているのか、またいつ頃、どのようにスプーンに移行すればいいのかを詳しく見ていきましょう。   手づかみ食べで育つ、自分で食べる喜び 子どもはまだ道具を使って食べることができない時期から、「これが食べたい!」という意志をしっかりと持っています。 食べものを手で触って、口に入れる仕草を見せるのは、早いお子さんで生後9~11ヵ月ごろから。手をある程度自由に使えるようになるにつれて、実際の食事でも「手づかみ食べ」を始めます。 手づかみ食べは、自分の気持ちと行動がつながる、大きな喜びの瞬間です。「食べられた!」という達成感を得られることで、「もっと自分で食べたい!」という気持ちも育っていくでしょう。   手づかみ食べを分析!“頭”で考え、“手”や“口”を連動させて動かす 「手づかみ食べ」で起きていることを、もう少し詳しくみてみましょう。 このように、手づかみ食べはカラダのさまざまな機能を連動して使います。五感を使いながら、口までの距離感や食べやすい量を学んでいるんですね。 実はこれこそが「道具を使って食べる」のに欠かせないステップ。手づかみ食べをしっかりとすることで、スプーンやフォーク、お箸を使って食べるための土台ができあがります。   いつ頃、どうやってスプーンを持たせたらいい? 手づかみ食べを繰り返すなかで、次第に道具を使った食事ができるようになっていきます。手の発達に合わせて、適切な道具を選びながら、使い方をきちんと教えてあげるようにしましょう。 初めは、もっとも扱いやすいスプーンから始めます。 導入する時期の目安は、「スプーンを持ちたい意欲」が見られたら。 最初はうまく使えなくても、持てているだけで十分です。食事を食べさせているパパやママが一緒に持つ、ところからゆっくりと始めましょう。 その中で、子どもが自分で上手にスプーンを使えるようになるために、育みたい2つのポイントがあります。 ①しっかり肘を持ち上げられる 肩の可動範囲が狭かったり、腕の筋力がまだ足りないうちは、わきが締まり、肘が落ちたままになっています。しかし、つかみ食べを繰り返すうちに肩の関節の可動域が広がり、しっかりと肘が上がるようになります。そうなると、食事を口に運ぶ動きがスムーズになります。 ②手首をやわらかく動かせる 手首を自在に動かせるようになることも、スプーンを上手に使える要素の一つ。お皿に盛られた料理を狙いどおりにすくえるようになります。 目的のものをすくえる頃には、食事中のストレスも少なくなるでしょう。スプーンで食べたいものがすくえないイライラが減り、「これが食べたい」という気持ちを自分で満たすことができるからです。気持ちよく食べられるのは、お子さんにとってもうれしいことですよね。   スプーンの持ち方の移り変わり スプーンの持ち方は、カラダの発達とともに変化していきます。 「パームグリップ」「フィンガーグリップ」「ペングリップ」に分けて、簡単にご紹介します。 パームグリップ 上から握るように持つ方法です。スプーンを持ち始めた頃は、おおよそこの持ち方をします。   フィンガーグリップ 上から握るように持ちながら、親指と人差し指の腹でしっかりはさみます。手指の発達が進み、指の力がだんだんとついてくると、このように持つようになります。   ペングリップ ペンを持つように親指、人差し指、中指の三本で持つ、大人と同じ方法です。この持ち方ができるようになるころには、体力や集中力もだいぶついてきて、最後までスプーンを使って自分の力で食べきれるお子さんも増えてきます。 より詳しい「手の発達の進み方」は、前回のコラムでお話しています。  ...
続きを読む
今回のテーマは「子どもと遊びながら仕込む、手作り味噌」です。 こんにちは!「管理栄養士」「乳幼児食指導士」「こども成育インストラクター」の藤原朋未です。 わたしは子どもが生まれてから、冬の手仕事として味噌づくりを始めました。「お母さん」らしいことをしてみたかった、というのが動機のひとつです。 子どもが大きくなったときに【毎年冬になるとお母さんと味噌づくりをした】と思い出してくれたらうれしいな、そんな想いがきっかけでした。 そんな味噌づくりも今年で5回目。4歳になる長男は「お豆をふみふみするんだよね」「次はこねこねだね!」と、回を重ねるごとに味噌がどのように作られているのかを理解しているように思います。   味噌づくりは子どもにとっても刺激がたくさん お母さん像への憧れから始めた味噌づくりですが、実際に行ってみると小さな子どもにとっても刺激がいっぱい! 工程はとてもシンプルですが、【発酵】という不思議な科学や【潰す・こねる】という遊びの要素まで含まれ、子どもの興味を引き出すポイントがたくさん詰まっています。 味噌づくりは「寒仕込み」といい、寒い時期に作るのが最もおいしくできるとされています。冬に仕込むことで、まずはゆっくりと発酵させ、夏になるとぐっと発酵が進み、また気温が下がったころに味が仕上がってくる、という流れです。 今年もそろそろ味噌づくりの季節がやってきました。すっかり手作り味噌の虜になったわたしが、子どもと作る際のポイントをあわせてご紹介させていただきます。   味噌づくりキットを選ぼう! 味噌の原料は【大豆・塩・こうじ(糀・麹)・水】の4つ。シンプルだからこそ、どの材料をどんな割合であわせるかにより味わいは異なります。初めての方は、ぜひ「キット」として販売されているものを選んでみてください。 まずはキット選びのポイントです。 キット選びのポイント ★できあがり量を選ぶ 手軽に作れる1kgのものから、たくさん味わいたい5kg以上のものまで……量が増える分、大豆をゆでる工程や潰す・混ぜるといった工程に手間がかかります。初めての方は少量から、慣れたら量を増やしていくのもいいですね。 ★こうじ(糀・麹)の種類を選ぶ こうじには、生こうじと乾燥こうじがあります。購入後、すぐに作る場合は生こうじで問題ありません。一方、乾燥こうじは保存が効くので、作るタイミングを選ばないのがメリットです。 また、原料として米か麦のどちらかを選びます。一般的に多く使用されるのは米麹。米の甘味がつよく、まろやかな味わいが特徴です(今回は米糀を使っていきますので、以降「糀」と表します)。 麦麹はあっさりとして、麦の香ばしい香りが特徴的。プチっとした食感が楽しめるので、ディップなどにするとおいしく食べられます。 ★糀歩合(ぶあい)を選ぶ 糀歩合とは、大豆に対する糀の割合を表します。一般的には、糀歩合が高くなると「甘口の味噌」と呼ばれます。大豆:糀=1:1の場合を10歩(ぶ)とし、歩合は6〜20程度と幅広く作られています。 普段使われている味噌が何歩なのかを確認し、お好みの歩合を選んでみてください。わたしは甘口が好みなので、糀が多めの17歩合で作っています。   味噌づくりを始めよう♪ 今回は山田鶴亀本店さんの「手作り味噌セット 北海道産大豆と糀三袋(麹歩合17)」を購入しました。糀歩合は17と甘め、できあがり量は約6.3kg、塩分11%のお味噌が作れます。 ※材料や用意するものは購入したセットに準じてご用意ください。※レシピ中の★印は、お子さんが参加できるポイントです。 材料 できあがり量 6.3kg ・生糀・・・2550g・大豆・・・1350g・塩・・・700g ※すべて「手作り味噌セット 北海道産大豆と糀三袋(麹歩合17)」に含まれています 用意する物 ・大きなザル・ボウル・圧力鍋(鍋でも可)・保存用の容器・重石用の塩・食品用アルコール 作り方 ① 大豆をよく洗い、大豆の量の3倍の水に8~10時間浸水させる。 ★水に浸ける前の大豆をいくつか残しておくと一目瞭然!子どもたちからは「こんなに大きくなるんだね!」と驚きの声が上がります。 ② 新しい水に代え、鍋を火にかける。アクを取り除いたらもう一度水を新しくして火にかけ、沸騰後に4〜5時間、大豆がやわらかくなるまで弱火で煮る。指で簡単に潰れる程度が目安。 ③ 煮上がったら煮汁を600ml程度残してザルにあげ、粗熱を取り、袋に入れて潰す。 ★さぁ、子どもたちの出番です。一緒にふみふみしてみましょう!温度や感触についてもぜひ話してみてください。「あったかい!」「むにゅむにゅしてる~」なんて声が上がってくるはずです。...
続きを読む
homealの専門家に幼児食や子育てに関するお悩みや質問を聞いてみよう   homealの品質やメニュー開発は、管理栄養士、保育士、品質管理士といった食や育児に関するプロフェッショナルな人たちにより支えられています。 この「おしえて🥕homeal」では、みなさんからいただいた幼児食や育児についての質問やお悩みに、専門家の目線からお答えしています。 子育ては、ほんとうに正解がなく、同じ年齢でも子どもによってさまざま。小さなお子さんを育てるパパやママのちょっとした安心の場になればうれしいです。   今回は「好き嫌いが多すぎて、栄養バランスが心配」についてのご相談です。   homeal管理栄養士、稲尾です。ご飯、パン、シリアルやコロッケ、焼き魚が食べられるということで安心しました。 牛乳はほとんど飲まないようですが、チーズやヨーグルトを食べるなら大丈夫ですよ。たんぱく質やカルシウムは、チーズやヨーグルトからでも摂れますので安心してください。 ヨーグルトにきな粉をかけたり、ホットケーキに野菜ペーストを混ぜたりして工夫されていて、とてもいいと思います。 味のりやふりかけでご飯が食べられているようなら、かけすぎに注意していれば問題ありません。成長とともに、「野菜が食べられたら、ふりかけをかけようね」などの交渉ができるようになるといいですね。 スーパーのコロッケはおいしいですよね。わが子たちも大好きです!もし今後手作りコロッケを食べてくれるようになりましたら、いろいろな具材を入れて作ってみてください。 焼き魚は食べるけど、お肉はあまり食べないということでしょうか?チーズが好きなら、お肉にチーズをかけて焼いたり、スティック状にしたチーズをお肉で巻いて焼いたり煮たりしてみるのはいかがでしょうか。 お肉が食べられなくても、お魚などの魚介類や、卵、豆腐や納豆などの大豆製品が、毎食片手半分~1杯くらい食べられていれば大丈夫です。安心してくださいね。 野菜スープや具だくさんのみそ汁はどうですか?もし飲めるようなら、なるべく3種類以上の野菜を入れて作ってあげてください。 パパ・ママがおいしそうに食べる姿を見せてあげて、野菜のおいしさが伝わるといいですね。ひとくちでも、飲めたり食べたりしたらほめてあげてくださいね。 野菜のうま味やビタミン、ミネラルなどはスープに溶け出しているものも多いので、スープだけでも飲めるといいですよ。 野菜で摂れない食物繊維は、ご飯からも摂れています。もし不安でしたら、おやつやデザートにバナナやりんごなどの果物を用意してあげてください。りんごなら1/8個、バナナなら1/2本程度で十分です。 せっかく作っても食べてくれないとなると、毎日のごはんが苦痛になりますよね。でも顔色が良く、元気で、成長曲線に異常がなければ安心してください。もし顔色が青白い、成長曲線から外れているような場合には、かかりつけの小児科で相談することをおすすめします。 毎日の子育て、疑問に感じること、こんな方法でいいのかな?と悩むことってありますよね。そんなときはぜひお気軽にhomealへご相談ください。   いつでもLINEからご相談ください 幼児期は噛む力がよわく、「甘み」や「うま味」がつよい食材や食べ慣れたものばかり好んで食べたり、発達段階にあわない調理法や味つけの食材を好まなかったりすることがあります。またその日の気分や食卓の環境により、子どもの食欲は大きく左右されます。 お子さまの成長や発育段階にあわせて工夫しながら食卓に取り入れる中で、食べられる食材や好きな食材を少しづつ増やしていけるよう、homealはお子さまの"好き"を一緒に見つけていければと思っています。 homeal管理栄養士への幼児食のお悩み相談/ブランドや商品に対するご意見/今後の商品開発へのご期待などチャット機能を使ってお気軽にお寄せください。 homeal 公式LINEアカウントhttps://lin.ee/z7EsrVY
続きを読む
今回のテーマは「冬においしく食べられるグラタンレシピ」です。 こんにちは!「幼児食アドバイザー」「野菜ソムリエプロ」「冷凍生活アドバイザー」のますだすみよです。 ねぎ・ほうれん草・大根・にんじん……。冬野菜がおいしい季節ですね。 冬野菜はカラダをあたためてくれる成分や、風邪予防が期待されるビタミンC・カロテンが豊富です。季節にあったカラダにうれしい成分が入っているんです。 現代では施設栽培の技術が発達しているので、ほうれん草は1年を通して食べられますが、ほうれん草に含まれるビタミンCの量は、夏に収穫したものよりも冬に収穫したもののほうが3倍も多いといわれています。 栄養たっぷりの冬野菜、子どもたちにもたくさん食べてほしいですよね。でも「野菜は苦手!」と食べてくれないことのほうが多いのではないでしょうか。 今回は冬野菜を代表して、ねぎとほうれん草を使った、お子さんがきっと好きになってくれるグラタンレシピとグラタン作りの基本「米粉のホワイトソース」の作り方をご紹介します。   とっても簡単!「米粉のホワイトソース」の作り方 まずは米粉、バター、牛乳で作る、簡単でダマになりにくい米粉のホワイトソースの作り方をご紹介します。 材料 グラタン2人分 ・米粉・・・大さじ1・豆乳(または牛乳)・・・100㏄・塩・・・適量 作り方 ① 小さめの鍋、またはフライパンに米粉を入れ、少しずつ豆乳(または牛乳)を加える。粉っぽさがなくなるまでよく混ぜる。② ①を火にかけ、弱火でかき混ぜる。3分ほどたってふつふつしてきたら、さらに火を弱め、とろみがついたら火を止める。③ 塩を加えて、軽くかき混ぜたら完成。 米粉はグルテンフリーなので、ダマになりにくいのが特長です。米粉と豆乳(または牛乳)を火にかける前によく混ぜておくと、上手に作れますよ。   とろ~り甘いねぎたっぷりグラタン 次は先ほどの「米粉のホワイトソース」を使って、ねぎたっぷりのグラタンを作ってみましょう♪ 材料 2人分 ・ねぎ・・・2本・里いも(またはじゃがいも) ・・・2個・ウインナー・・・3本・バター・・・10g・ピザ用チーズ・・・適量・米粉のホワイトソース・・・上記の分量 *作りやすい分量で示しています。 作り方 ① ねぎは、ななめ1㎝ほどの引き切りにする。② 里いもはよく洗って皮ごと上下を切り落とし、ラップに包んで600Wで3分加熱する。③ ②の粗熱がとれたら、手で皮をむいて一口大に切る。④ ウインナーは5mmほどの厚さに切る。⑤ フライパンにバターを入れ、ねぎを弱火でじっくり炒める。⑥ ねぎがクタクタになったらウインナーを入れ、里いもを加えて軽く炒める。⑦ グラタン皿に⑥、米粉のホワイトソース、ピザ用チーズを入れ、230℃のオーブントースターで5分ほど焼いて完成。 ねぎをななめ切り・引き切りにするとねぎの繊維が壊れすぎず、独特のからみ成分が出にくくなります。 また、ねぎはじっくり時間をかけて火を通すことで甘い味に。わたしが講師をつとめる子ども料理教室の生徒さんも「お蕎麦にのっている、辛いねぎは嫌いだけど、お鍋の甘いねぎは好き!」と話してくれます。 ねぎの辛み成分が出ないように切り、じっくり炒めることで甘みを引き出し、繊維が気にならない食感にしてあげると、ねぎが苦手なお子さんでも食べられるようになるかもしれません。ぜひチャレンジしてみてください!   元気もりもり!ほうれん草とサーモンのグラタン ほうれん草をたっぷり使ったグラタンです。ほうれん草には「シュウ酸」というアクが含まれていますので、加熱して水にさらして取り除きます。 子どもも食べやすいクセのない味わいにするためにも、ていねいにアク抜きをしてみてくださいね。 【下準備:ほうれん草の下ゆで】 材料 2人分 ・ほうれん草・・・1わ(正味180〜200g)・塩・・・適量 *作りやすい分量で示しています。 作り方 ① ほうれん草の軸に十字に包丁を入れ、よく洗って泥を取りのぞく。② 大きめの鍋に水をたっぷり入れ、塩を小さじ1ほど加える。沸騰したら葉を手で持ち、軸だけ20秒ほどつけ、葉っぱもお湯に沈めてさらに20秒~30秒ほどゆでる。③ ②を冷水に入れて冷ましたら、よくしぼって水気を切る。④ 軸を上にして、切り込みに醤油を少したらし、さらにしぼる(醤油しぼり)。 醤油しぼりをすると、塩分の浸透圧でより水気が切れて、味わいも良くなります。ほうれん草は多めにゆででいますので、使わない分はラップで包み、冷凍保存しましょう。   【ほうれん草とサーモンのグラタン】...
続きを読む
今回のテーマは「冬野菜を丸ごと楽しもう!栄養満点の簡単レシピ 」です。 こんにちは!「管理栄養士」「乳幼児食指導士」「こども成育インストラクター」の藤原朋未です。 冬はイベントごとが多く、豪華なお肉料理や甘いデザートが欠かせませんが、栄養バランスも気になるところ。バランスよく、野菜も食べたいものですね。 とはいえ、楽しい雰囲気の中で、あれもこれも「食べなさい」と口うるさくは言いたくなかったりもします。 そこで今回は、子どもが思わず食べたくなるような、見た目のインパクトで「食べたい」気持ちを引き出せるレシピをご紹介します。 今の季節が一番おいしい【ブロッコリー】と【かぶ】を使った丸ごと料理です。食材の形をそのまま見せることで、食べられたときの達成感も高まりますよ。   丸ごとブロッコリーの炊き込みバターピラフ インパクト抜群!丸ごとドーンと豪快で驚きのおいしさ。 材料 作りやすい分量 ・米・・・2合・ブロッコリー・・・1個(正味150~200g)・塩・・・小さじ1/2・バター・・・20g 作り方 ① 米を研ぎ、炊飯器の目盛りまで水を加えて、30分以上浸水させておく。② ブロッコリーは、水を張ったボウルに浸けてふり洗いをし、茎を切り落とす。③ ①の水を大さじ1分減らし、塩を加えてひと混ぜする。④ その上にブロッコリーを丸ごとのせて、通常通り炊飯する。 ⑤ 炊き上がったらバターを加え、ブロッコリーをほぐしながら混ぜ合わせる。 ぜひお子さんと一緒に炊飯器を開けてみてください。ホクホクでやわらかく炊き上がったブロッコリーが登場し、見た目のインパクトに大喜び間違いなしです。   丸ごとかぶと鶏団子のクリーム煮 やわらかくトロトロのかぶは電子レンジで時短調理! 材料 大人2人 子ども1人分 ・かぶ(小)・・・3個(直径5cm程度、正味75g×3)・かぶの葉・・・2~3本・にんじん・・・1/3本(正味50g)・コーン缶・・・40g・鶏団子・・・9~12個(市販品でも可)・バター・・・20g・薄力粉・・・大さじ1 A・水・・・1/2カップ(100ml)・牛乳・・・1カップ(200ml)・顆粒コンソメ・・・小さじ1/2 作り方 ① かぶは茎を数cm残して葉を切り落とし、皮を剥く。根元の汚れは楊枝などで掻き出すように洗う。にんじんは2mmほどの厚さのいちょう切りにする。かぶの葉は粗みじん切りにする。② 耐熱ボウルにかぶを丸ごと入れてふんわりとラップをかけ、600Wの電子レンジで約6分加熱する。 ③ フライパンにバターを入れて中火にかけ、鶏団子とにんじんを加えて焼く。表面に焼き色が付いたらかぶの葉を加えてさっと炒め、薄力粉をふり入れて粉っぽさがなくなるまで炒め合わせる。④ ②、コーン缶、Aを加えて全体をひと混ぜし、とろみがついたら弱火で3分ほど煮込む。   <やわらか鶏団子> ・鶏ひき肉・・・150g・木綿豆腐・・・75g・塩こしょう・・・少々・片栗粉・・・大さじ1 すべてをボウルに入れて、豆腐を崩すようにして混ぜ合わせる。ひと口大に丸めて、作り方③のタイミングでフライパンに入れて焼く。 あまいあまい、大きなかぶ。絵本でおなじみの「うんとこしょ どっこいしょ」の掛け声とともに、お子さんとお召し上がりください。 ピラフとクリーム煮、この2品を献立として組み合わせれば、ご飯/肉/野菜を摂ることができ、自然と栄養バランスも整います。 調理しやすく見た目にも楽しい丸ごと料理で、おいしい冬野菜を味わってくださいね!   いつでもLINEからご相談ください 幼児期は噛む力がよわく、「甘み」や「うま味」がつよい食材や食べ慣れたものばかり好んで食べたり、発達段階にあわない調理法や味つけの食材を好まなかったりすることがあります。またその日の気分や食卓の環境により、子どもの食欲は大きく左右されます。 お子さまの成長や発育段階にあわせて工夫しながら食卓に取り入れる中で、食べられる食材や好きな食材を少しづつ増やしていけるよう、homealはお子さまの"好き"を一緒に見つけていければと思っています。 homeal管理栄養士への幼児食のお悩み相談/ブランドや商品に対するご意見/今後の商品開発へのご期待などチャット機能を使ってお気軽にお寄せください。 homeal 公式LINEアカウントhttps://lin.ee/z7EsrVY...
続きを読む