初めてでもできる冷凍保存③ やってみよう!おすすめ冷凍食材5選 〜 homealの専門家にきく🥕


今回のテーマは「おすすめの冷凍食材」です。

こんにちは!「冷凍生活アドバイザー」「野菜ソムリエプロ」のみつはしさなこです。

初めてでもできる冷凍保存のはなし。
最終回は「おすすめの冷凍食材」について紹介します。

前回までの記事で、冷蔵庫での食材ストックの仕方や、おいしく冷凍保存するコツなどをお伝えしました。

【これまでの記事】
初めてでもできる冷凍保存① 〜冷凍庫の使い方を見直そう〜
初めてでもできる冷凍保存② 〜おいしく保存するコツと必要な道具〜

冷凍保存が便利とは分かっていても「どんな食材が冷凍できるか分からない」という方もいれば、「冷凍した食材を、どうやって料理に使えばよいか分からない」という方もいるでしょう。

今回は、私がふだん作る冷凍食材の中から、料理に使いやすく、時間がないときに便利なおすすめ食材を5つ紹介します。

市販の冷凍食品もいいけれど、自分で冷凍食材をストックしておけば、いつものメニューに野菜を少し足して、手軽に栄養バランスを整えることができます。

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

 

薄切り玉ねぎ

玉ねぎは炒め物や煮物などに幅広く使えるので、常備している方も多い野菜かなと思います。でも、忙しいときに皮を剥くのは億劫でもありますよね。そこで、私は料理のついでにまとめて切っておいた玉ねぎを、ふだんから冷凍ストックしています。

一番使いやすい薄切り玉ねぎの冷凍保存を紹介します。

作り方

・玉ねぎを薄切りにする。
・ポリ袋に入れて平らにして密閉し、金属トレーなどを使って冷凍する。

冷凍したら袋の上から軽くもんでほぐしておくと、料理のときに使いやすいのでおすすめです。使うときは、冷凍のまま調理中の鍋やフライパンに入れて調理できます。焼きそばや野菜炒めの具材として重宝します。

 

②刻みネギ

ネギは刻んで冷凍しておくと、使いたいときにすぐに使えるのでおすすめです。
火が通るのも早いので、忙しいときの料理にぴったり。

作り方

・ネギを小口切りや輪切りに刻む。
・ポリ袋に入れて平らにして密閉し、冷凍する。

冷凍したら袋の上から軽くもんでほぐしタッパーに移しておくと、取り出しやすくなります。味噌汁やスープの具材にあると安心なストックです。

 

③細切りピーマン

ピーマンは、切ってタネを取って片付けて……と忙しいときに処理するのが、少し面倒な食材ですよね。でも、時間があるときにまとめて切って冷凍しておくと便利です。

作り方

・ピーマンを縦四つ割りに切り、さらに細切りなどの食べやすいサイズに切る。
・ラップを敷いた金属トレーにピーマンを平らに並べる。
・上からさらにラップと金属トレーを重ね、冷凍する。

ピーマンはできれば金属トレーが2枚あると上下で挟んで冷凍できるので便利です。もちろんポリ袋などを使って、手軽に冷凍しても大丈夫。

冷凍ピーマンは、炒め物や焼きそば、ラーメンなどの簡単メニューで活躍します。
火が通りやすいので、料理の最後の方にさっと加えるだけでOKです。

 

④アジの干物

毎日続く料理。ときには、魚の干物で簡単にすませたいという日もありますよね。アジの干物は冷凍保存にも向いているので、私はよくストックしています。

作り方

・1枚ずつラップで包み、冷凍する。
・冷凍したらジッパー付き袋に移して保存します。

アジの干物は薄いので、冷凍したままグリルやフライパンで調理することができます。生の干物よりも少しだけ加熱時間を長めにすれば、冷凍からでもしっかりと火が通ります。

 

⑤ハーフベーコン

真空パック包装のハーフベーコンは、一番手軽で失敗知らずな冷凍食材です。
買ったらそのまま冷凍庫に入れて保存してしまいましょう!

薄いので、冷凍庫がいっぱいでも大丈夫!

使うときは水を張った金属トレーにそのまま漬けると、10分ほどで解凍できます。柔らかくなったら包丁で食べやすいサイズにカットして、スープやパスタの具材に活用しましょう。

真空パック包装の場合、袋を開けずにパックの上から押し切ることもできます。手が汚れることなく、洗い物も少なくて済むのでおすすめですよ♪

ベーコン、玉ねぎ、ピーマン、なすを使ったナポリタンパスタ。
すべて冷凍庫のストック食材だけでできてしまいます。

3回のコラムにわたってお届けした冷凍保存のはなし、いかがでしたか?できそうなところから、ぜひ取り入れてみてくださいね。

 

いつでもLINEからご相談ください

幼児期は噛む力がよわく、「甘み」や「うま味」がつよい食材や食べ慣れたものばかり好んで食べたり、発達段階にあわない調理法や味つけの食材を好まなかったりすることがあります。またその日の気分や食卓の環境により、子どもの食欲は大きく左右されます。

お子さまの成長や発育段階にあわせて工夫しながら食卓に取り入れる中で、食べられる食材や好きな食材を少しづつ増やしていけるよう、homealはお子さまの"好き"を一緒に見つけていければと思っています。

homeal管理栄養士への幼児食のお悩み相談/ブランドや商品に対するご意見/今後の商品開発へのご期待などチャット機能を使ってお気軽にお寄せください。

homeal公式LINEアカウント
https://lin.ee/z7EsrVY


homealの専門家にきく🥕