ごはんも暮らしも“自分ごと”に。「一緒にやる」で、無理なく楽しく!双子×双子を育てる佐々木家のおはなし 〜 homealのひとびと🥕


うちには4歳の双子(息子&娘)と、生まれて半年の双子(息子&息子)の、あわせて4人の子どもがいます。

3年前に妻の地元・滋賀へと移住して、今は山裾の町に6人暮らし。かつて夫婦で、大阪の街中で生活してた頃とまったく違う騒がしさに囲まれ、日々を過ごしています。

カオス感もある“双子×双子”の子育てなので(笑)、家事については「無理をしない」が大前提。妻とお互いの仕事の忙しさや体調を見ながら、「できる人ができることをやる」「どうやったら楽しいかを考える」の2つを大きく意識しています。

そんな我が家の食卓を支えてくれる、強い味方が『鉄板焼き』です。……といっても、ちょっと大きな鉄板つきのカセットコンロですが。

登場頻度は、だいたい週に1〜2回。ほかの料理に比べたら準備が楽なこと、できあがるまでの時間を「待てる」余裕が子どもたちに必要なことから、平日よりも土日にやることが多いです。

上の息子と娘が「あれつくりたい」「これできるもん」って2人で盛り上がってくれるし、自分たちで作ったものはおいしい。楽しくモリモリ食べてくれるのが、親としてとても助かります。

 

この日のメインは「餃子」。何を焼くかは事前にリクエストを募ります。親からも食材の候補を挙げて、家になければ買い出しに出かけるのも遊びの一つ。

もちろん、仕込みに無理はしません。餃子はごくごく普通の冷凍食品です。

本当は皮でいろんなもの包んで……とやったらさらに楽しいのはわかりつつ、乳児が2人いるとまだ厳しい。「赤ちゃん大きくなったらやろう」なんて言いながら、ありがたく冷凍食品にお世話になります(あと、普通においしいんですよね……)。

鉄板に並べ、コンロの口をひねる。次第に色がつき、皮がパリパリと変わる餃子焼きの醍醐味は、何といっても引き上げる瞬間です。鉄板への注意は事前に伝えてるので、普段はケンカばかりの2人も、このときは真剣にゆずりあいます。子どもってちゃんとわかってる。

 

できた餃子をパクつきながら、お次は「野菜炒め」です。もやし、キャベツ、火が通りやすいようレンジにかけておいた大根や人参を鉄板に入れ、箸で混ぜていくだけ。

味付けもやはり無理せず、シンプルに「焼肉のタレ」を使います。もうちょっと余裕ができたら、タレも一緒に作ってもいいかも……と思ったりしますが、今はこれで十分。キャベツは苦手な息子と娘ですが、自作&つくりたては話が別です(笑)。この日も僕らが驚くくらい、たくさん食べてくれました。

そこから安定の人気、「ソーセージ」をコロコロと焼いたあと(一瞬で皿から消えます)、ラストは「卵とじ」へ。

2人とも卵割りは好きなので、仕込みのときに一緒にやっておくことが多いですね。とき卵にダシで下味をつけ、炒めた野菜の上にゆっくりかけて完成。

 

普段は口をつけないほうれん草も食べてしまう、お楽しみごはん『鉄板焼き』。上の子がだいたい3歳を迎えるあたりからやっていたでしょうか。

調理中どこを触ってはいけないか、なぜ近くでふざけちゃいけないか、きちんと目を見ながら伝えて、最初は祖父母など大人の手が多い場面から始めました。

自分で料理をするようになると、絵本でも調理シーンに反応したり、お風呂場でいきなりごっこ遊びが始まったりすることも増えました。「次はこれつくる!」なんて、遊びからお手伝いが広がります。むしろ2人にとっては、ぜんぶが遊びなのかもしれません。

そんな姿を見ていて、「できる人ができることをやる」「どうやったら楽しいかを考える」という我が家のルールも、その2つ自体がつながってる考えだったんだな、と最近感じるようになりました。

家事のこと、家族のこと、まわりの環境……自分が関わっていない“他人ごと”って、なにかと文句を言いたくなるもの。でも、自から手を動かすとおもしろくなるし、失敗しても納得できます。“自分ごと”になれば、工夫もしたくなる。

そうやって幼児でも大人でも、どこかしらに関われるポイントを埋め込むことが、楽しい暮らしをつくる上では大事なのかもしれません。

なんてことを考えつつ、直近の悩みは、下の2人が動き回るようになっても『鉄板焼き』を続ける方法。すでにハイハイの兆しを見せる次男と三男ですが、工夫すれば何とかなるかな……。準備は楽チンだし、子どもは毎回喜ぶし。

なによりその顔を見て一番笑ってるのが親2人なので、モチベーションには事欠かないよね、なんて思っています。

 


homealのひとびと🥕