ももちゃんインタビュー 〜 homealのある暮らし🥕


「homealがあることで、毎日の食卓ってどう変わるんだろう?」「うちの子が好きな味かな?」と気になっている方も多いかもしれません。

「homealのある暮らし」では、homealを実際に使用してくださっているユーザーさんに、どんなシーンで活用しているのか?お子さんが好きなメニューは何?といったことをインタビューしています。

homealのある暮らしで、みなさんの毎日の食卓が少しでも楽になりますように。

 

ももちゃんプロフィール

 

ももちゃんは、どんなお子さんですか?

1歳くらいまでは本当にビビりで、スタジオで記念撮影をしようとしても泣きっぱなしのような子でした。でも1歳を過ぎてからはだいぶ社交的になって、今ではすれ違う人全員に話しかけたりするくらい明るくなって安心しています。

好奇心旺盛で、いたずらしたり、触ってほしくないものを触って壊したりすることもありますね(笑)。体を動かすのが好きなので、毎日、お昼前後に公園に遊びに行っています。最近は公民館でやっているリトミックも始めました。

午後はゆっくりと積み木やパズルなどを広げて遊んだりしています。最近は一人でやる遊びもできるようになってきました。

 

幼児食についての悩みはありますか?

私が参考にしていた離乳食の本には、幼児食について書いてある部分が少なくて。離乳食からどう移行したらいいのか、あとは感覚でやるしかないのかなと悩んでいました。

品数、栄養面の偏りがないかなどいろいろな悩みはありますが、一番の悩みは味付けで。離乳食のときのイメージのまま、あまり味付けをしていないので、おそらく本人にとってはおいしくないんですよね。でもあまり濃くしたくないので、悩みながらやっています。

ほかの人のインスタグラムを見ていて「こういうの、もうあげているんだ」と思うけれど、それが正しいのかもわからない。幼児食についての答えがどこに載っているかわからない状態で。homealでは幼児食を知るためのマガジンもあるので、今後参考にしてみたいと思っています。

 

homealを試してみようと思った理由は?

自分自身、料理が得意ではないし、あまり好きでもないので、食事のバリエーションがまったく増えなくて、同じようなメニューを繰り返し出していました。

専業主婦なので時間はたくさんあるのですが、調べたり作ったりする時間をいつか取ろうと思っても、取れないままにどんどん日が過ぎてしまっていて。

それで栄養が足りているのか不安だったし、本人にもっとおいしいものを食べさせてあげたいと思っていたんです。

homealは栄養士さんがちゃんと監修してくれている栄養のあるごはんで、かつ簡単で味もおいしくって「これはやばいぞ」と。すぐに試したいと思いました。

 

お子さんが好きだったものや親御さんがまた食べたいものは?

伊勢志摩産ひじきとごろごろ枝豆の和風豆腐ハンバーグ」は、味もおいしくて、ヘルシーで栄養いっぱいで。ひじきは今まで食べにくそうにしていたのですが、これはとっても食べやすかったです。

あとは「イタリア風粗挽きパテとキャベツのシチュー風ストゥファート」。レストランの味かと思うくらいおいしくて驚きました!絶対に家では作れないですし、手間がかかっていますよね。

ストゥファートを試した頃は離乳食から少しずつ幼児食に移しているときで、特にごはんを食べてくれなかった時期でした。でも、もう本当にパクパク食べてくれて、私と取り合いになるくらいで(笑)。本当にうれしかったです。

 

ももちゃんへのメッセージ

 


homealのある暮らし🥕