ブイヤベース風お魚ごろごろスープ 1パック270g(幼児3食分相当入り)<無添加> - homeal ホーミール 幼児食宅配サービス
ブイヤベース風お魚ごろごろスープ 1パック270g(幼児3食分相当入り)<無添加> - homeal ホーミール 幼児食宅配サービス
ブイヤベース風お魚ごろごろスープ 1パック270g(幼児3食分相当入り)<無添加> - homeal ホーミール 幼児食宅配サービス
ブイヤベース風お魚ごろごろスープ 1パック270g(幼児3食分相当入り)<無添加> - homeal ホーミール 幼児食宅配サービス

ブイヤベース風お魚ごろごろスープ 1パック270g(幼児3食分相当入り)<無添加>

¥997 (税込) 通常価格
/

栄養バランス
  • 身体の基礎をつくる
生活習慣
  • 免疫力アップ
アレルゲン
  • えび
  • かに
  • いか

推奨月齢:1歳6ヶ月〜

 

基本情報

・1パック:幼児3食分/大人1.5食分 目安サイズ(親子でシェアして適量です)
・ご注文後、1-2営業日以内に発送(休日/祝日/大型連休/年末年始除く)
・お届け日時指定は、発送完了メールに記載される「クロネコメンバーズ」をご利用ください。
・再冷凍は品質面や衛生面の観点からご遠慮いただいております。 

 

内容/栄養の解説

ブイヤベース風お魚ごろごろスープ 1パック270g(幼児3食分相当入り)

#かれい #えび #あさり #いか #ほたて #自家製かにブイヨン 

魚介や野菜の旨味をたっぷり味わうことのできる“ブイヤベース”は地中海でとれる魚介や香味野菜をふんだんに使って作るのが特徴の南フランス生まれの郷土料理です。

本格的な味わいはそのままにお子さまにも召し上がりやすく、白身魚やシーフードをメインに白いんげん豆やじゃがいも、オニオン等を加えて仕上げました。

パン等を添えて召し上がっていただければ魚介や野菜の旨味がたっぷり味わえます。

白身魚はたんぱくな味わいでお子さまにも食べやすく身体をつくるのに必要な栄養素をしっかり含むおすすめの食材です。

イカは切り目を入れて柔らかく仕上げていますがお子さまが食べにくい場合はさらに少しカットしてからお召し上がりください。

 

おいしい召し上がり方

メインの解凍方法
(親子でシェア)

電子レンジの場合:冷凍パックのまま【500Wで約7分/700Wで約4分30秒】を目安に温めてください。

湯煎の場合:冷凍パックのまま熱湯の中で【約10分〜12分】を目安に温めてください。
※加熱が足りない場合は耐熱用のお皿で移し替えて電子レンジでご調整ください。

サブの解凍方法
(少量ずつ小分け)

少量ずつ小分けで使用する場合、冷凍パックの上から商品を手で割り、ハサミでパックを開封して必要分を取り出してください。
(固くて割れない場合は、パックの表面を軽く水で濡らしたり数分程度常温に置くことで割れやすくなります)

耐熱皿にのせて、ラップをかけて表示時間の1/2〜1/3の時間を目安に加熱してください。(量によって時間は異なります)

残りはジッパー付き冷凍用保存袋などに入れて密閉して冷凍保存し、1-2週間以内を目安になるべくお早めに召し上がりください。


原材料

ブイヤベース風お魚ごろごろスープ

あぶらがれい、トマト・ピューレーづけ、シーフードミックス(えび、あさり、いか、食塩)、かにブイヨン、ソテードオニオン、白いんげん、じゃがいも、ボイルホタテ、にんじん、植物油脂、セロリ、白ワイン、にんにく、食塩、香辛料、(一部にえび・かに・いかを含む) 

 

栄養成分

ブイヤベース風お魚ごろごろスープ(幼児1食分あたり)
エネルギー:86kcal、たんぱく質:8.9g、脂質:2.6g、炭水化物:6.3g、食塩相当量:0.5g(推定値)

 

アレルゲン

ブイヤベース風お魚ごろごろスープ:えび、かに、いか
※アレルゲンは原材料表記の末尾にある()内にも記載しております。

Customer Reviews

Based on 1 review
100%
(1)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
a
arisa
おしゃかなしゃん!

今朝寝坊したのでお試しさせていただいたホーミールを召喚。子ども1人大人1人分。今日はお魚ゴロゴロスープ。夫も私も「美味しい!」息子も「おしゃかなしゃん!」ときちんと素材の味を楽しんでいました。

Customer Reviews

Based on 1 review
100%
(1)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
a
arisa
おしゃかなしゃん!

今朝寝坊したのでお試しさせていただいたホーミールを召喚。子ども1人大人1人分。今日はお魚ゴロゴロスープ。夫も私も「美味しい!」息子も「おしゃかなしゃん!」ときちんと素材の味を楽しんでいました。