冬においしく食べられる!簡単グラタン冬レシピ 〜 homealの専門家にきく🥕


今回のテーマは「冬においしく食べられるグラタンレシピ」です。

こんにちは!「幼児食アドバイザー」「野菜ソムリエプロ」「冷凍生活アドバイザー」のますだすみよです。

ねぎ・ほうれん草・大根・にんじん……。冬野菜がおいしい季節ですね。

冬野菜はカラダをあたためてくれる成分や、風邪予防が期待されるビタミンC・カロテンが豊富です。季節にあったカラダにうれしい成分が入っているんです。

現代では施設栽培の技術が発達しているので、ほうれん草は1年を通して食べられますが、ほうれん草に含まれるビタミンCの量は、夏に収穫したものよりも冬に収穫したもののほうが3倍も多いといわれています。

栄養たっぷりの冬野菜、子どもたちにもたくさん食べてほしいですよね。でも「野菜は苦手!」と食べてくれないことのほうが多いのではないでしょうか。

今回は冬野菜を代表して、ねぎとほうれん草を使った、お子さんがきっと好きになってくれるグラタンレシピとグラタン作りの基本「米粉のホワイトソース」の作り方をご紹介します。

 

とっても簡単!「米粉のホワイトソース」の作り方

まずは米粉、バター、牛乳で作る、簡単でダマになりにくい米粉のホワイトソースの作り方をご紹介します。

材料 グラタン2人分

・米粉・・・大さじ1
・豆乳(または牛乳)・・・100㏄
・塩・・・適量

作り方

① 小さめの鍋、またはフライパンに米粉を入れ、少しずつ豆乳(または牛乳)を加える。粉っぽさがなくなるまでよく混ぜる。
② ①を火にかけ、弱火でかき混ぜる。3分ほどたってふつふつしてきたら、さらに火を弱め、とろみがついたら火を止める。
③ 塩を加えて、軽くかき混ぜたら完成。

米粉はグルテンフリーなので、ダマになりにくいのが特長です。米粉と豆乳(または牛乳)を火にかける前によく混ぜておくと、上手に作れますよ。

 

とろ~り甘いねぎたっぷりグラタン

次は先ほどの「米粉のホワイトソース」を使って、ねぎたっぷりのグラタンを作ってみましょう♪

材料 2人分

・ねぎ・・・2本
・里いも(またはじゃがいも) ・・・2個
・ウインナー・・・3本
・バター・・・10g
・ピザ用チーズ・・・適量
・米粉のホワイトソース・・・上記の分量

*作りやすい分量で示しています。

作り方

① ねぎは、ななめ1㎝ほどの引き切りにする。
② 里いもはよく洗って皮ごと上下を切り落とし、ラップに包んで600Wで3分加熱する。
③ ②の粗熱がとれたら、手で皮をむいて一口大に切る。
④ ウインナーは5mmほどの厚さに切る。
⑤ フライパンにバターを入れ、ねぎを弱火でじっくり炒める。
 ねぎがクタクタになったらウインナーを入れ、里いもを加えて軽く炒める。
 グラタン皿に⑥、米粉のホワイトソース、ピザ用チーズを入れ、230℃のオーブントースターで5分ほど焼いて完成。

ねぎをななめ切り・引き切りにするとねぎの繊維が壊れすぎず、独特のからみ成分が出にくくなります

また、ねぎはじっくり時間をかけて火を通すことで甘い味に。わたしが講師をつとめる子ども料理教室の生徒さんも「お蕎麦にのっている、辛いねぎは嫌いだけど、お鍋の甘いねぎは好き!」と話してくれます。

ねぎの辛み成分が出ないように切り、じっくり炒めることで甘みを引き出し、繊維が気にならない食感にしてあげると、ねぎが苦手なお子さんでも食べられるようになるかもしれません。ぜひチャレンジしてみてください!

 

元気もりもり!ほうれん草とサーモンのグラタン

ほうれん草をたっぷり使ったグラタンです。ほうれん草には「シュウ酸」というアクが含まれていますので、加熱して水にさらして取り除きます

子どもも食べやすいクセのない味わいにするためにも、ていねいにアク抜きをしてみてくださいね。

【下準備:ほうれん草の下ゆで】

材料 2人分

・ほうれん草・・・1わ(正味180〜200g)
・塩・・・適量

*作りやすい分量で示しています。

作り方

① ほうれん草の軸に十字に包丁を入れ、よく洗って泥を取りのぞく。
② 大きめの鍋に水をたっぷり入れ、塩を小さじ1ほど加える。沸騰したら葉を手で持ち、軸だけ20秒ほどつけ、葉っぱもお湯に沈めてさらに20秒~30秒ほどゆでる。
③ ②を冷水に入れて冷ましたら、よくしぼって水気を切る。
④ 軸を上にして、切り込みに醤油を少したらし、さらにしぼる(醤油しぼり)。

醤油しぼりをすると、塩分の浸透圧でより水気が切れて、味わいも良くなります。ほうれん草は多めにゆででいますので、使わない分はラップで包み、冷凍保存しましょう。

 

【ほうれん草とサーモンのグラタン】

材料 2人分

・ほうれん草・・・1/2わ
・生サーモン・・・1切れ
・たまねぎ(小)・・・1個
・バター・・・20g
・ピザ用チーズ・・・適量
・米粉のホワイトソース・・・上記の分量
・味噌・・・適量

*作りやすい分量で示しています。

作り方

① 下ゆでと醤油しぼりをしたほうれん草とサーモンを、食べやすい大きさに切る。サーモンは塩をひとつまみ振っておく。
② たまねぎは、うす切りにする。
③ フライパンにバター半量を入れ、たまねぎをよく炒める。たまねぎがすき通ってきたら、ほうれん草も加えて軽く炒める。
④ ③をグラタン皿に入れる。フライパンに残りのバターを入れ、サーモンも焼いたらグラタン皿へ。
⑤ 米粉のホワイトソースに、味噌を加え混ぜる。
⑥ ⑤とピザ用チーズをのせ、230℃のオーブントースターで5分ほど焼いて完成。

ビタミンCたっぷりのほうれん草と、成長いちじるしい幼児期のカラダづくりに大切なタンパク質が豊富なサーモンを組み合わせたグラタンです。

子どもの舌はとても敏感。苦味・辛味・えぐ味などを大人よりも感じやすいといわれています。調理法や下処理で、苦手部分を少しでも取りのぞいてあげましょう

寒い冬はお子さんと一緒に、ふうふうしながら冬野菜たっぷりのあつあつグラタンを食べて、あたたかく元気に過ごしてくださいね。

 

いつでもLINEからご相談ください

幼児期は噛む力がよわく、「甘み」や「うま味」がつよい食材や食べ慣れたものばかり好んで食べたり、発達段階にあわない調理法や味つけの食材を好まなかったりすることがあります。またその日の気分や食卓の環境により、子どもの食欲は大きく左右されます。

お子さまの成長や発育段階にあわせて工夫しながら食卓に取り入れる中で、食べられる食材や好きな食材を少しづつ増やしていけるよう、homealはお子さまの"好き"を一緒に見つけていければと思っています。

homeal管理栄養士への幼児食のお悩み相談/ブランドや商品に対するご意見/今後の商品開発へのご期待などチャット機能を使ってお気軽にお寄せください。

homeal 公式LINEアカウント
https://lin.ee/z7EsrVY


homealの専門家にきく🥕