市販の冷凍食材を使って、「手が込んだ風」料理を作ろう! 〜 homealの専門家にきく

「冷凍生活アドバイザー」「ライフオーガナイザー」「リユースオーガナイザー」と多数の資格をお持ちの佐藤美香さん。子育てをしながらフルタイム勤務の経験を活かし、キッチン・冷蔵庫の片づけを中心に、個人宅訪問・講師・執筆活動をされています。

こんにちは!佐藤美香です。

子どもの成長はあっという間。子どもには手作りの栄養ある食事を作りたいと「子どものために」親は頑張りすぎてしまうもの。とはいえ、毎日1から全部を手作りするのは大変です。特に食事は毎日のことだけに、負担になることも。

便利な冷凍食材を使って、おいしく!時短と、ときには上手に手間を省くことも大切です。そのぶん空いた時間を自分のごほうびや、家族と楽しく過ごす時間に使えるといいですね。

それではさっそく市販の冷凍食品を使った、「手の込んだ風」レシピをご紹介します。

◆ねんど遊びの延長!冷凍パイシートでホームパーティ◆

「疲れて気分が上がらない」「雨で外に出かけられない」そんな日は、冷凍パイシートの出番。お子さんとねんど遊びのように楽しみつつ、食事もできあがるのでおすすめです。

冷凍パイシートの具は、冷蔵庫の残り物やストックしてあるツナやスパム、サバ缶でOK。ウィンナーのように巻くだけで作れるものがあると、小さなお子さんもはじめやすいですよ。

具ごとに、巻く、包む、のせるなど、形を変えていくとできあがったときに豪華に見えます。コツがあるとしたら、どんなに見た目が悪くても直さずにドンと構えること!

多少形が悪く見えても、焼くとおいしそうに見えるもの。焼いている間は楽しみに待ちつつ、汚したところをお掃除するのもいいですね。

自分で作ったお惣菜パイを手づかみで食べるのは、とてもおいしく感じるようです。わが家もそうですが、きっといつもよりもよく食べてくれますよ。苦手な食材をこっそり混ぜてみるのも、いいかもしれませんね。

◆クラッカーを添えてカフェ風に!クラムチャウダー◆

クラムチャウダーのような手のかかる料理のときも、冷凍食材の出番です。

冷凍シーフードミックスとベーコン・水を鍋に入れ、火にかけます。クラムチャウダーのルーを入れれば、完成です!余力があれば玉ねぎやジャガイモを入れますが、ベーコンを手でちぎり、包丁もまな板も使わないことも。

パセリをちらしてクラッカーを添えれば、できあがりです。

これだけでちょっとカフェ風に見えませんか?

◆温野菜ミックスで彩をプラス!食事もお弁当もOK◆

彩りのよい温野菜ミックスも、常備しておくと便利です。

耐熱容器に冷凍温野菜ミックスを入れ、クリームコーンを混ぜて焼くだけでも、大満足のおかずになります。

私は魚グリルのトースター機能を使い、少し焦げ目がつくまで焼いています。マヨネーズとパン粉を加えると、見た目の華やかさもUPしますよ。

加熱可能なお弁当カップに入れて焼けば、お弁当のおかずにも。お弁当に彩りをプラスしてくれます。

 

新鮮な食材で1から作る料理は栄養価も高く、素材の味もしっかり楽しめるもの。けれども、毎日新鮮な食材を手に入れるのは大変です。冷凍食材は、旬の時期に急速冷凍いるため栄養価も高く、扱いやすいものも多いです。上手に取り入れて、楽しい食卓を作っていきたいですね!

【いつでもLINEからご相談ください】

幼児期は噛む力がよわく、「甘み」や「うま味」がつよい食材や食べ慣れたものばかり好んで食べたり、発達段階にあわない調理法や味つけの食材を好まなかったりすることがあります。またその日の気分や食卓の環境により、子どもの食欲は大きく左右されます。

お子さまの成長や発育段階にあわせて工夫しながら食卓に取り入れる中で、食べられる食材や好きな食材を少しづつ増やしていけるよう、homealはお子さまの"好き"を一緒に見つけていければと思っています。

homeal管理栄養士への幼児食のお悩み相談/ブランドや商品に対するご意見/今後の商品開発へのご期待などチャット機能を使ってお気軽にお寄せください。

▼homeal 公式LINEアカウントはこちら

https://lin.ee/z7EsrVY