パンだけが大好き。幼児の偏食について 〜 おしえてhomeal

homealの専門家に幼児食や子育てに関するお悩みや質問を聞いてみよう

homealの品質やメニュー開発は、管理栄養士、保育士、品質管理士といった食や育児に関するプロフェッショナルな人たちにより支えられています。

この「おしえて🥕homeal」では、みなさんからいただいた幼児食や育児についての質問やお悩みに、専門家の目線からお答えします。毎日の子育ててのなかで疑問に感じたこと、こんな方法でいいのかな?と悩んでいることなど、お気軽にご相談ください!

子育ては、ほんとうに正解がなく、同じ年齢でも子どもによってさまざまです。小さなお子さんを育てるパパやママのちょっとした安心の場になればうれしいです。

 

今回は「パンと偏食」についてのご相談です。


homealの管理栄養士、佐藤です。好きなものしか食べないという幼児の偏食、同じような悩みを抱えている方も多いですよね。パンは食べやすい食品のひとつですし、低年齢のお子さまにも食べやすい味付けのさまざまな種類があるので、パン好きな子どもは多いです。

 

まず、パンとご飯の大きな違いとして3つのことがあります。

①パンを作るときにバターやマーガリンなど入れることからパンにはエネルギーになりやすい"脂質"が多く含まれる

②お米は塩分を含みませんが、パンは塩分を含むものも多くある

③パンと合わせるおかずは、どうしてもカロリーが高いものなどになりがち


できればですが、お米・パン・麺などをローテーションでバランスよく摂るのがおすすめです。

ただ、お子さんがパンが大好きということであれば、朝や時間がないときの主食はパンにして、パンの中身に工夫(ポケットサンドのようにして中に野菜中心の具材を入れるなど)をしてみる、ということからはじめてみてもよいかもしれません。

1歳半ですと、平均的には奥歯がひとつやっと生え揃うくらいの時期なので、前歯でかじりとって歯茎ですりつぶすような食べ方が一般的です。そのため大人と同じ固さのご飯だと食べにくいこともあります。

お米を少し柔らかめに炊いて、おにぎりにしてみたり、混ぜごはんや一品で食べられる丼ものなどもお子さんに食べやすくおすすめです。パン・麺・お米を3日ほどでバランスよく食べれば、自然と栄養バランスのよい食習慣ができていきます。

お子さんは、今まさに食べられる食品を少しずつ増やしている段階です。お子さんの成長に合わせた、食べやすい調理法でさまざまな種類の食品を摂ることで、将来的に偏食を防いだり、食べることを自発的に学んでいくことにつながります。

ひとりで食品を選べるようになるまでに長い時間は必要になりますが、時間のある週末やお休みの日から、新しい食材や調理法に少しずつチャレンジして食べられる食品を増やしていきましょう。

「パンや主食だけでは栄養のバランスが気になる、でも今日はお料理したくないなあ。」

そんなときはお子さんにも食べやすく味付けされた、homealのおかずシリーズもぜひ試してみてください。

白いんげんとグリルなすのカポナータ
商品ページはこちら▼ 

とうもろこしの甘みたっぷりクリームシチュー
商品ページはこちら▼ 

【いつでもLINEで無料相談ください】

幼児期は噛む力がよわく、「甘み」や「うま味」がつよい食材や食べ慣れたものばかり好んで食べたり、発達段階にあわない調理法や味つけの食材を好まなかったりすることがあります。またその日の気分や食卓の環境により、子どもの食欲は大きく左右されます。

お子さまの成長や発育段階にあわせて工夫しながら食卓に取り入れる中で、食べられる食材や好きな食材を少しづつ増やしていけるよう、homealはお子さまの"好き"を一緒に見つけていければと思っています。

homeal管理栄養士への幼児食のお悩み相談/ブランドや商品に対するご意見/今後の商品開発へのご期待などチャット機能を使ってお気軽にお寄せください。

▼homeal 公式LINEアカウントはこちら
https://lin.ee/z7EsrVY