カルシウム足りてる?毎日摂りたいカルシウム量について 〜 homealの専門家にきく

「管理栄養士」「ジュニア野菜ソムリエ」の資格をお持ちの稲尾貴子さん。保育園や病院などで管理栄養士として勤務されたご経験を活かし、現在はフリーでコラム執筆、栄養記事の監修、女性セブンの特集記事の栄養監修などをされています。

こんにちは!稲尾貴子です。
今回は「カルシウムについて」のお話しです。

カルシウムは、子どもの成長に欠かせない大切な栄養素のひとつ。
骨を作る材料として、まず一番に「カルシウム」を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

カルシウムの摂取は20歳までが重要で、骨の量や密度は男女ともに20歳ころに最大になります。そこから20歳以降は横ばいになり、40代を越えると年齢とともに徐々に減少していきます。

つまり20歳までに摂取したカルシウム量が、将来大人になったときの骨の量や密度に影響してくるのです。

そしてもう一つ、実はカルシウムだけでは骨を丈夫にすることはできません。体内でカルシウムが効率良く吸収されるように、マグネシウムやビタミンDも必要です。

魚介類や海藻、大豆製品にはマグネシウムが多く含まれているので、毎日少しずつでも食べられるといいですね!

しいたけや魚(特に鮭)には、ビタミンDが多く含まれています。ビタミンDは日光に当たることで活性が高まり、カルシウムの吸収を助けて骨を強くします。しいたけを日光に当ててから料理をしたり、干ししいたけを利用したりするのもおすすめです。

そしてもちろん、日中はしっかり外で遊んで、お子さん自身が日光に当たることも大切です。

◆カルシウムを多く含む食品◆

では、1日にどれくらいのカルシウムを摂れば十分なのでしょうか?

下の表は、カルシウムの食事摂取基準です。1日分の食事やおやつを合わせて、推定平均必要量が満たされていると安心です。

カルシウムを多く含む食品には下記のようなものがあります。

小松菜は、茹でたり炒めたりすれば小鉢1皿程度の量になります。

カルシウムの量は食材によって違うので、お子さんがよく食べるものにどれくらいカルシウムがあるのか一度確認してみるのもいいですね。

次回は、メニュー編としてカルシウムが簡単に摂れる工夫やレシピをご紹介します♪

【いつでもLINEからご相談ください】

幼児期は噛む力がよわく、「甘み」や「うま味」がつよい食材や食べ慣れたものばかり好んで食べたり、発達段階にあわない調理法や味つけの食材を好まなかったりすることがあります。またその日の気分や食卓の環境により、子どもの食欲は大きく左右されます。

お子さまの成長や発育段階にあわせて工夫しながら食卓に取り入れる中で、食べられる食材や好きな食材を少しづつ増やしていけるよう、homealはお子さまの"好き"を一緒に見つけていければと思っています。

homeal管理栄養士への幼児食のお悩み相談/ブランドや商品に対するご意見/今後の商品開発へのご期待などチャット機能を使ってお気軽にお寄せください。

▼homeal 公式LINEアカウントはこちら
https://lin.ee/z7EsrVY